先日3区画現場の最初の1件をご購入いただいたお客さんが

価格の交渉をされている段階で

「3区画残ってるより1軒成約御礼って貼って残り2区画になるほうが

絶対売れるからこの値段にマケて」

というお話をされました。

 

商売人やなーとおもいました。。。

 

実際そうだと思いましまた。

 

なかなか最初の一軒が決まらずに全区画残っている状態が続く現場や

一軒きまってからバタバタと動き出す現場も確かにあります。

 

そういう意味では

最初の1軒を購入される方にはなにか思い切ったサービスが

受けられてしかるべきなのかもと思います。

 

ということで

その人には思い切ったサービスをしました。

明日香不動産販売・京都営業所

新たに現場を任された

枚方市尊延寺の新築一戸建て・2190万円です。

氷室小学校の正門の目の前の2区画です。

小学校目の前って子供にとってはどうなんでしょう。

僕は田舎の出身で学校区がすごく広く、そしてうちの家が学校区の端のほう

だったので通学時間がすごく長く、

特に体力のない小学校低学年のときは

兄とか姉とか上級生にランドセルを持ってもらって

歩いて通学していた記憶があります。

そんな僕には玄関出たら学校の正門みたいな立地は

夢のような家です。

 

けど近すぎるのもなんか恥ずかしいでしょうね。。。

 

詳しくはこちらを

http://asukahudousan.com/es/sale/200000000950846

明日香不動産販売・京都営業所

伏見区桃山最上町・新築一戸建て・3390万円です。

ちょっと前にもブログで書かせていただいたところですが、

前回と違うのは・・・

価格が3990万円だったというところです。

600万円価格が見直されているということです。

3区画の現場で前回記事の時は3区画ともあり、

今は2区画になっています。

 

こちらの現場ですが6月の第一週から

弊社でオープンハウスさせてもらうことになってます。

 

建売などの仲介販売の場合このようにオープンハウス業者が

変わることもあります。

うちではあまりないですが、

完売する前に「違う業者に任せるので現場返してください」

と言われた時の悲しさは、とてつもないものがあります。

 

そしてつらいだけでなく、

現場を任せていただけなくなってくるので、

次の仕事場がなくなり・・・運営的にも苦しくなっていくんです。

 

前回の記事から時間がたって価格が下がっても

線路際という事実は変わりませんが、

伏見区桃山最上町をよろしくお願いします。

 

http://asukahudousan.com/es/sale/200000000870387

不動産は物件がひとつしかないので、誰かに買われたら二度とその物件は同じ条件で出てきません。

で、不動産営業トークあるあるで、悩んでそうなときに

「他にも検討している人がいるんですよね」

ってやついわれますよね。

いわゆる即決トークってやつですけど、、、

 

あれ嘘くさいときありますよね。

 

でもほんまのことも多いんです。不動産営業をしていると、

物件もう一戸あったらいいのにと思うことはかなり多いです。

そういう悲しい思いしたくないので例のフレーズが飛び出すんでしょう。

あと若い子が使ってる場合は

「決断できない人の背中を押すのも仕事や」とかいってそれ正当化した感じの上司がいたりします。

 

でも嘘の場合も結構あるでしょうね。(そしてそういう場合ってだいたいバレますよね。)

嘘かどうかは自分の目で判断するしかないということでしょうか。

 

 

僕は本当のことを言うのがきっと正解なんじゃないかなって思ってます。

検討してる人がいない場合は

「あんまりお客さん来てないからもうちょっと悩めるかもしれないですよ。即決の人きて売れても責任とれへんけど」

くらいでいいと思ってます。

不動産の仲介業者とお客さんが、そんな駆け引きしてるのってなんか意味ないような気がします。

 

ということで「ほんまの時しかアレ言わない」宣言をここでしときます。

明日香不動産販売・京都営業所

宇治市大久保町田原・新築一戸建て 3180万円〜

小中学校まで徒歩5分圏内・

小学校に関しては西大久保小学校は目の前です。

2号棟3280万円に関しては希少な東南角地です。

 

8月完成で現在は写真の通り未完成なんですが、

近くに同仕様現場もあります。

お気軽にお問いあわせください

 

http://asukahudousan.com/es/sale/200000000940323

とある建売新築物件をご案内中お客様から「この物件で誰か死んでるとかないですか?」

って聞かれました。

だいたいご自身の思っている金額よりかなり安い物件を見たときに

このような質問があります。

あとは霊感をお持ちだという方とかが何かを感じられたときとか。。。

 

後者の世界は僕にはよくわからないですが、

前者の物件が自分の常識よりすごく安く感じるというのは不動産の場合は時々あるんです。

建売の新築のようにもともと安い価格帯で、建売を初めて検討された方などは

注文住宅で考えていた時の価格帯と比較してすごく安いと感じられます。

中古一戸建て中古マンションなどでは売主さんの事情で早くに売ってしまいたい

とかで安い物件が出る時があります。

 

で、気になるところは

「ほんまは誰か死んでるのに隠したまま売りつけるのはないの?」

ってことだと思います。

 

答えは・・・

「ない」

です。

 

なぜなら、そういう誰か死んでるとかは「心理的瑕疵」とよばれ

売買するときの重要事項説明書などにあれば絶対書かないといけないことになっているからです。

それでも書かずに隠して売るのはないのか?

これもないです。そんな事件や出来事は近所の人と話をすればすぐバレます。

すぐバレて契約書類に書いてないってことになると

責任は仲介業者の責任になります。

そんなすぐバレる嘘つきとおして、事故物件を売ろうとするギャンブラーは普通いないです。

 

ネットチラシなどの広告媒体も、事故物件は最初から分かるように広告されています。

広告も記載しなければいけないことになっていますので・・・

 

安すぎる物件をみても広告などになにもなければ安心してご見学ください。

 

 

(一部ブラック系の企業では、広告で事故物件であることを隠しとくという戦法を使うところもあります。

お客さんと現地で会って、その時に初めて事故物件であることを伝えて、営業マンが現場で何とかしろ!!

って作戦です。想像できると思いますが絶対買いませんよね。

お客さんを会社が取ってきたってんのになんでお前ら売れへんねん的な感じにするための茶番なんです。

こんなことしてるとこほとんどなくなりましたが・・・お客さんからするとすごい迷惑)

明日香不動産販売・京都営業所

宇治市伊勢田町中山・新築一戸建て・2290万円です。

伊勢田駅徒歩5分の好立地・小学校中学校も近く

駅前によくあるうるさかったり、車どおりが多かったり、

ということのない静かな立地です。

金額も2290万円と比較的安く予算で諦めていた方には

とてもありがたい物件ではないでしょうか。

 

しかし物件までたどり着かない・・・

車で入れそうな道がなかなかなくて・・・

運転そんなに自信ないこともあって・・・

それは不動産屋さんとしてどうなのか・・・

明日香不動産販売・京都営業所

家の前はこんな感じで開発された広い道路があるんですが、

そこまではどこを通っても結構狭いです。

詳しい物件情報はこちら(地図もあるので挑戦される方は気を付けて)

 

http://asukahudousan.com/es/sale/200000000897636

明日香不動産販売・京都営業所

城陽市久世上大谷・新築一戸建て3290万円に

再度写真を撮りに行ってきました。

前回の写真がこれ

 

当然ですが、、、建ってます。

3か月ほどで一戸建ては建築されますが、改めて写真を比較すると

やっぱりすごいです。

そしてすごいモノを販売しているんだなぁと思います。

 

物件詳細はこちらを

http://asukahudousan.com/es/sale/200000000864375

明日香不動産販売・京都営業所

城陽市寺田大谷新築一戸建て2590万円・オープンハウス開催中です。

敷地面積35坪で駐車2台可能・建物は約29坪の4LDKです。

今週の価格変更により100万円ダウン

周辺物件が3000万円代がほとんどで、

抜きんでてコストパフォーマンスのいい家です。

 

http://asukahudousan.com/es/sale/200000000865402

 

 

不動産業界の資格といえば・・・宅建ですよね

 

宅建っていうのは

不動産業する場合に事務所に一人置かないといけなかったり

5人中1人おかないといけなかったり

契約の時の重要事項説明は宅建持っている人しかできなかったり

不動産業に不可欠の国家資格と言われています。

 

宅建ってホントに不可欠?と思うことがあるんですけど、皆さんどうどうでしょうか?

これから不動産業に関わろうとする人のほとんどが「宅建の勉強してます」っていうんですけど

なんか何をすればいいかわからないから「資格とろう」に逃げてる人も多いような気がするんですよね

 

不動産業に関わって思うことは

”堝飴唆伴圓気鵑抜悗錣辰討い襪函崑襍の有無」と「仕事ができるか」って全然関係ないんです。

△修靴涜襍って持っている人かなり多いです。

ということ・・・

 

大手の企業ではほとんど全員もってて一人辞めても問題ないです。

(持ってないと肩身が狭い問題はありますが、)

小規模の会社でも周りにあたれば宅建もって不動産会社で働いていない人がいるので

何とかなっちゃうんです。世の中には宅建持ってる人大量にスタンバイしてるんで

 

「将来独立するときに必要」とか

「そんな都合よく協力してくる人が見つかるかわからない」とか

「雇うとコストがかかる」とか

思う人もいると思いますが、安心してください。

「将来独立する人は宅建持ってる人を簡単に見つけられるくらい業界関係者に人脈あります」

「見つけられないくらいなら独立諦めたほうがいいと思います」

「その間独立するための作業できてない分、勉強することにもかなりコストはかかってます。

1年受かるかわからない試験勉強するなら、雇ったほうがコストは安いかもしれないです。」

 

こんなことしたら儲かりそうとか、こんなことした社会に価値を提供できそうとか

そういうことを考えるのが一番大切なことなのかなと思います。

(他社の20代前半の営業マンと話して感じたことでした。)