先日、SUZUKIに行ってきました。(^^)通常4000以上する室内除菌清掃が1000円になるレデイースデイの案内ハガキが届いていたので早速予約して。
なかなか、車の掃除までは手が回らない上に慣れてないと無駄に時間がかかってしまうので車の洗車と掃除はすっごく苦手…。
待ち時間中、チーズケーキのあまりの美味しさに衝撃を受けつつも1人だったので黙って静かに頂きました。
うわっめっちゃ美味しい!コレ。みたいな会話しながら食べたかったですけどね。40分程で車は綺麗になりました。やっぱプロは早い!

不動産の売買をする場合には、売買金額に応じて収入印紙を貼らなければいけません。

うちの会社でよく販売される価格1500万とか2500万とかでは、

1万円の収入印紙を買って貼らないといけません。

1万円納税する必要があるわけですね。

 

なぜ収入印紙を貼って納税しないといけないかというと

「経済取引に伴い作成されている文書には文書の背後に経済的利益があるから

、国の中で利益を得た人は税金収められると思うので納税して」ってことなんですけど

所得税とか法人税とか不動産取得税とか贈与税とか

利益に対する「背後」じゃないほうから納税するシステムがあるのに・・・・

 

「文書化することによって取引が安定化するので

、そのメリットとして納税して」ってことも言うんですけど

文書化したのは取引当事者で、収入印紙を貼らずに文書化しても

当事者間で取引は安定すると思うんですけど・・・

という意味の分からない納税なんです。

 

 

本当のところは契約書とか領収書をいっぱい作って脱税とかする人がいるので

作るのにも納税しないといけないようにしているということもあるんですが、、、

脱税する人対策は「脱税する気のない人に納税させる必要のない」

もっと別の方法あると思うんですけど。

 

もしよければ明日香不動産販売・京都営業所SNSもご覧ください。

★Twitter  → http://twitter.com/asukakyoto876

★Facebook → http://www.facebook.com/asukafudosankyoto/

★Instagram  → http://www.instagram.com/asukafudosan_kyoto/

 

 

明日香不動産販売・京都営業所

向日市寺戸町西野・新築一戸建て・3380万円です。

全5区画の開発現場です。すでに2軒が売れあと3区画になっています。

近くに竹藪があり緑豊かな落ち着きのある現場になっています

 

5区画現場といえばどんな区画割をイメージするでしょうか?

5区画横並びになっているとか、

向かい合わせで2区画3区画に分かれているとか

そういうのをイメージされるかもしれませんが

ここは

明日香不動産販売・京都営業所

こんな感じです。

 

家は道に接していないとダメなんですが、

全部を道に接するように区画割すると細長い敷地になったりして

建物が建てられなくなったりします。

そんな場合の解決策でこういう区画割がされるんです。

 

物件の詳細は

http://asukahudousan.com/es/sale/200000000865501

明日香不動産販売・京都営業所

八幡市八幡園内・新築一戸建て 2990万円です。

スーパーコノミヤとかキリン堂とかコンビニとか

近隣商業施設多数で生活するにはすごく便利そうな立地です。

敷地面積は142屬△蠱鷦崗譴2台分確保されています。

 

現在建築中で写真奥に工事の方が昼寝をしていました。

ホラー写真ではないです。

暑いから夏になると大変ですよね。

弊社もこういう状態で現場を任されることもあり旗を立てたりするんですけど

この位置に旗置かれたら工事の邪魔ですよね(笑)

こちらの現場をうちじゃないですけど、

他社さんの現場でももうちょっと考えてあげたらいいのにと

思うことがよくあります

 

詳しくは

http://asukahudousan.com/es/sale/200000000951576

 

もしよければ明日香不動産販売・京都営業所SNSもご覧ください。

★Twitter  → http://twitter.com/asukakyoto876

★Facebook → http://www.facebook.com/asukafudosankyoto/

★Instagram  → http://www.instagram.com/asukafudosan_kyoto/

 

不動産会社で上司に言われるやつ

「いつ結論もらえるの?」

 

「物件は気に入ってますが、一生の買い物なのでお客さんが慎重になっていまして・・・」

に対して言われるやつです。結構こわいテンションで言われるやつです。

一般の方には知るところではないですが、営業マンはそんなことを言われています。

お客さんが考えることにそもそも「期間」なんてつけようないし・・・

例えば「1週間考えてください。それで決断できなければ一旦あきらめましょう」

ってお客さんに言ったとして、物件が売れずに1か月後も残ってたらお客さんにとっては

「あの人の言ってた1週間って一体なんやってやろ?」ってなりますよね。

 

「お客さんが慎重になっている」っていうのは

「検討する期間を決めなければいけない」話じゃないですよね

「期間」の話のわけないですよね。

 

きっと

・他にいい物件がほんとにないのか?

・将来的に同じような物件やそれよりいい物件が出てくる可能性はないのかあるのか?

・なんか騙されてないかな?

とかそういう不安が解消されない限り決断しないということなんじゃないかなぁ

と思います。

期間を決めるんじゃなくて、お客さんの情報不足を補ってあげないといけないんだと思います

 

ということで「いつ結論もらえるの?」は原則禁止。

 

 

※そして営業マンが「気に入ってる」って言ってるだけでお客さん気に入ってないときはかなりある。

そしてそれが上司にバレバレのときがほぼ。

不動産業者の営業マンってキャラ濃いと思いません?

うちは異常にキャラ濃いやついるってこともありますけど。

キャラなのかどうなのか

結構初対面から、電話対応から馴れ馴れしいパターンってありますよね

僕はどこか店に電話して敬語じゃなかったら正直いやです。

 

まあ高齢のベテラン営業マンが20代前半の若夫婦のお客さんに

ため口で話してたら「まあ、あり?なのかな?」てっ感じなんで営業マンの年齢によるんでしょう。

 

僕は「マジっすか」「やばいですよね」とか

お客さんにも使ってしまうのが、自分ではどうなのかなぁと思っています。

ため口になったことはたぶんまだ一回もないです。

キャラとか年齢にもよりますけど僕の中では敬語を死守するのが

不動産営業に必須ちゃうかなと思ってます。

 

 

 

「マジっすか」は敬語死守できてないですかね・・・

いやきっとギリギリセーフのはず

先日3区画現場の最初の1件をご購入いただいたお客さんが

価格の交渉をされている段階で

「3区画残ってるより1軒成約御礼って貼って残り2区画になるほうが

絶対売れるからこの値段にマケて」

というお話をされました。

 

商売人やなーとおもいました。。。

 

実際そうだと思いましまた。

 

なかなか最初の一軒が決まらずに全区画残っている状態が続く現場や

一軒きまってからバタバタと動き出す現場も確かにあります。

 

そういう意味では

最初の1軒を購入される方にはなにか思い切ったサービスが

受けられてしかるべきなのかもと思います。

 

ということで

その人には思い切ったサービスをしました。

明日香不動産販売・京都営業所

新たに現場を任された

枚方市尊延寺の新築一戸建て・2190万円です。

氷室小学校の正門の目の前の2区画です。

小学校目の前って子供にとってはどうなんでしょう。

僕は田舎の出身で学校区がすごく広く、そしてうちの家が学校区の端のほう

だったので通学時間がすごく長く、

特に体力のない小学校低学年のときは

兄とか姉とか上級生にランドセルを持ってもらって

歩いて通学していた記憶があります。

そんな僕には玄関出たら学校の正門みたいな立地は

夢のような家です。

 

けど近すぎるのもなんか恥ずかしいでしょうね。。。

 

詳しくはこちらを

http://asukahudousan.com/es/sale/200000000950846

明日香不動産販売・京都営業所

伏見区桃山最上町・新築一戸建て・3390万円です。

ちょっと前にもブログで書かせていただいたところですが、

前回と違うのは・・・

価格が3990万円だったというところです。

600万円価格が見直されているということです。

3区画の現場で前回記事の時は3区画ともあり、

今は2区画になっています。

 

こちらの現場ですが6月の第一週から

弊社でオープンハウスさせてもらうことになってます。

 

建売などの仲介販売の場合このようにオープンハウス業者が

変わることもあります。

うちではあまりないですが、

完売する前に「違う業者に任せるので現場返してください」

と言われた時の悲しさは、とてつもないものがあります。

 

そしてつらいだけでなく、

現場を任せていただけなくなってくるので、

次の仕事場がなくなり・・・運営的にも苦しくなっていくんです。

 

前回の記事から時間がたって価格が下がっても

線路際という事実は変わりませんが、

伏見区桃山最上町をよろしくお願いします。

 

http://asukahudousan.com/es/sale/200000000870387

不動産は物件がひとつしかないので、誰かに買われたら二度とその物件は同じ条件で出てきません。

で、不動産営業トークあるあるで、悩んでそうなときに

「他にも検討している人がいるんですよね」

ってやついわれますよね。

いわゆる即決トークってやつですけど、、、

 

あれ嘘くさいときありますよね。

 

でもほんまのことも多いんです。不動産営業をしていると、

物件もう一戸あったらいいのにと思うことはかなり多いです。

そういう悲しい思いしたくないので例のフレーズが飛び出すんでしょう。

あと若い子が使ってる場合は

「決断できない人の背中を押すのも仕事や」とかいってそれ正当化した感じの上司がいたりします。

 

でも嘘の場合も結構あるでしょうね。(そしてそういう場合ってだいたいバレますよね。)

嘘かどうかは自分の目で判断するしかないということでしょうか。

 

 

僕は本当のことを言うのがきっと正解なんじゃないかなって思ってます。

検討してる人がいない場合は

「あんまりお客さん来てないからもうちょっと悩めるかもしれないですよ。即決の人きて売れても責任とれへんけど」

くらいでいいと思ってます。

不動産の仲介業者とお客さんが、そんな駆け引きしてるのってなんか意味ないような気がします。

 

ということで「ほんまの時しかアレ言わない」宣言をここでしときます。